勤怠管理、販売管理におけるワークフローの重要性

ワークフロー情報版

ワークフロー

work

ワークフローとは、業務を分かりやすく図式化したものであり、作業効率の分析に用いられる。
業務の手順を規定化、もしくは自動化することにより円滑な業務遂行が可能になる。
多くの場合、手続きや手順の流れは一定であるため、これを図式化しまとめることをワークフローと呼ぶ。
流れ作業的に行われる作業手順を自動化し、引き継ぎや情報の共有を効率的にする事が目的である。

効率化

ワークフローによって図式化した仕組みをコンピューターに組み込んだものがワークフローシステムである。
勤怠管理販売管理など、システム的な管理により効率化が図れる場合に用いられる。
メリットとして、業務速度の工場、ペーパーレス化により印刷保管のコストカット、書類紛失のリスク低下などが挙げられる。
近年では、インターネットの普及・技術向上に伴いウェブブラウザを利用したシステムの人気が高まっている。

可視化

kashika

ワークフローにより業務内容が図式化することのメリットの1つが、業務の可視化である。
可視化により業務内容の進捗状況や、停滞箇所などを把握できるため、客観的な分析が可能になる。
書類作成時のマニュアルなどが整備されることで、誰であっても書類の作成が容易になり、業務の効率化が可能である。
業務内容が明確に明示されることで、作業のミス防止や問題発生時の原因追求、問題解決のための足がかりとして活用される。
また、可視化によってデータが提示されることで、問題意識の向上や改善に向けての努力を促す事も可能である。